角度の差ノードンの特徴と使い方

角度の差ノードンの特徴と使い方 中間ノードン

本記事はNintendo Switch『ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング』に登場する角度の差ノードンの特徴と使い方です。角度の差ノードンの呼び出し方、ポートの機能、設定の詳細、使い方の例を解説しています。

スポンサーリンク

角度の差ノードンの特徴

画像角度の差ノードン
分類中間
役割入力された2つの角度の差を出力する
登場レッスン番号レッスンに登場しないハイレベルなノードン
角度の差ノードンを呼び出す

呼び出すときは「中間」→「角度のけいさん」→「角度の差」から呼び出します。

ポート

角度の差ノードンのポート
ポート ポート名 ポートの機能 数の扱い
入力 角度1 入力された数を基準の角度として使用する。単位は「°」 そのまま
角度2 入力された数を引く角度として使用する。単位は「°」 そのまま
出力 角度1と角度2の差を出力する。単純な引き算ではなく、1周以上の差はないものとして計算する 単位は「°」 -180.00~180.00
れんけつ なし なし なし

例えば入力1に10.00、入力2に380.00のシグナルがあった場合、-370.00ではなく、-10.00を出力します。

設定

角度の差ノードンの設定画面

設定はありません。

使い方の例

角度の差ノードンを使い本体の傾きで回転するモノを動かす

※この操作には携帯モードがおススメです。

  1. 本体のかたむきノードンを呼び出す
  2. かたむきノードンの設定→回転角度モードにする
  3. かたむきノードンを角度の差ノードンの上ポートにつなぐ
  4. 定数ノードンをカウンターノードンの増やすポートにつなぐ
  5. カウンターノードンを角度の差ノードンの下ポートにつなぐ
  6. 2つのモノノードンをヒンジれんけつノードンとれんけつする
  7. 角度の差ノードンとヒンジれんけつノードンをつなぐ

以上の仕組みで、ゲーム画面に回転するモノが現れ、それをSwitch本体の傾きで少し動かせるようになります。

以上、角度の差ノードンの特徴と使い方でした。

全てのノードンの一覧まとめはこちら。


ゲーム内リファレンスを参考に書いたものです。本記事に使用しているゲーム画像や著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。© Nintendo

中間ノードン
スポンサーリンク

Amazonでのお買い物は、Amazonギフト券をチャージして購入するのがお得です。チャージするだけで最大2.5%のポイントが貰えます。

プログラミングを本で学ぶ

Amazon APIのアクセスキーもしくはシークレットキーもしくはトラッキングIDが設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。
Amazon APIのアクセスキーもしくはシークレットキーもしくはトラッキングIDが設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。
この記事を書いた人
ぷろみーちゃん

Switchゲーム大好きな成人女。switchソフト『ナビつき!つくってわかるはじめてゲームプログラミング』攻略中。更新遅くてごめんなさい。よければリピーターになってください!(2021/6/1開設)

ぷろみーちゃんをフォローする
ぷろみんちゃんねる

コメント

タイトルとURLをコピーしました